ページの先頭です

後期高齢者医療人間ドック及び脳ドック検査費用の助成

[2014年6月6日]

 後期高齢者医療の被保険者を対象とした、人間ドック及び脳ドック検査費用に対する助成を行っております。

対象となる人

 印西市に住所を有する後期高齢者医療の被保険者で、以下の要件を満たしている人。

  1. 後期高齢者医療保険料を完納している人
  2. 同一年度内において、国民健康保険の人間ドック検査費用の助成を受けていない人、市の特定健康診査を受診していない人
  3. 同一年度内において、市の後期高齢者健康診査を受診していない人

 ※脳ドックのみの受検の場合は、後期高齢者健康診査を受検していても検査費用助成の対象をなります。

助成内容

人間ドック・・・検査費用の2分の1の額 (限度額30,000円)

 脳ドック・・・検査費用の2分の1の額 (限度額20,000円)

検査内容及び検査医療機関

検査内容及び検査医療機関の指定はありませんが、必ず希望の医療機関へ予約のうえ、検査受検日の2週間前までに申請してください。

※ドック受検後の申請では、助成の対象となりません。

受診方法

  1. 希望の検査医療機関へ予約してください。
  2. 予約後、本庁国保年金課または各支所市民サービス課窓口に検査日の2週間前までに申請してください。
    ・申請時に持参するもの:保険証、印鑑
    ・申請書は窓口にありますので申請時に記入していただくか、またはダウンロードしたものに記載してお持ちください。
  3. 内容を審査し、受検の可否を決定し承認、不承認の通知をします。
  4. 承認された人には、市から受検承認書と助成金交付請求書及び問診票を送付しますので、予約した医療機関で受検してください。
  5. 受検後、ドックの結果が出たら、受検承認書、助成金交付請求書、医療機関発行の検査費用領収書・検査結果報告書の写し及び問診票(本人が記載したもの)を持参のうえ、本庁国保年金課または各支所窓口で助成金の請求手続きをしてください。
  6. 審査終了後、指定していただいた口座に助成金を振り込みます。

 ※検査日の変更や検査のキャンセル等申請内容に変更が生じた場合は、必ず国保年金課にご連絡ください。

 ※年度末の申請は、検査日が2月末日分まで受付できます。それ以降は、翌年度4月以降の検査をご予約ください。

ダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所市民部国保年金課高齢者医療年金班

電話: 0476-33-4470 ファクス: 0476-42-8901

お問い合わせフォーム