ページの先頭です

都市再生整備計画(社会資本整備総合交付金)

[2014年12月17日]

社会資本整備総合交付金の制度概要

 社会資本整備総合交付金は、活力創出、水の安全・安心、市街地整備、地域住宅支援といった政策目的を実現するため、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として創設されました。

 国は地方公共団体等から提出された、社会資本の整備その他の取組に関する計画(社会資本総合整備計画)に位置付けられている事業に対して、交付金の交付を行います。

※印西市では、平成18年度から「まちづくり交付金」を活用し、都市再生整備計画に位置付けたまちづくりに関する各種事業を実施していました。

 「まちづくり交付金」は、平成21年度で制度が廃止となり、社会資本整備総合交付金の一部に組み込まれましたが、都市再生整備計画に基づきこの社会資本整備総合交付金を引続き活用して、まちづくりを推進してまいりました。

社会資本総合整備計画(都市再生整備計画)

 社会資本総合整備計画は、社会資本整備総合交付金を活用するするために地方公共団体等が作成し、国土交通大臣に提出するものです。計画には次の各号に掲げる事項を記載しています。
 一 計画の名称
 二 計画の目標
 三 計画の期間
 四 計画の目標を達成するために必要な交付対象事業
 五 計画の期間における交付対象事業の全体事業費
 六 交付対象事業等の効果の把握及び評価に関する事項
 七 その他必要な事項

 ただし、これまで他の交付金を活用しており、平成22年度以降も継続的に事業を実施する場合は、従前の交付金の計画を社会資本総合整備計画に替えることができることとなっています。

 印西市では、これまで、以下の地区において都市再生整備計画(「まちづくり交付金」を活用するための計画)を作成しております。

市が作成した都市再生整備計画

  • 木下駅周辺・北総線沿線地区 平成18年度~平成22年度(完了)
  • 小林・牧の原地区 平成22年度~平成26年度(完了)
  • 木下駅周辺地区 平成23年度~平成27年度(完了)

計画書のダウンロード

 計画内容をご覧になりたい方は、本ページ一番下からPDFファイルをダウンロードしてください。 ※完了した「木下駅周辺・北総線沿線地区」(別ウインドウで開く)及び「小林・牧の原地区」(別ウインドウで開く)については、都市再生整備計画事後評価の公表をご覧ください。

  • 木下駅周辺地区(第4回変更) 平成23年度~平成27年度

リンク

ダウンロード

都市再生整備計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所企画財政部シティプロモーション課プロモーション係

電話: 0476-33-4426 ファクス: 0476-42-7242(代)

お問い合わせフォーム