ページの先頭です

野焼きは法律で禁止されています!!

[2015年7月1日]

 廃棄物処理法第16条の2により、廃棄物の野外焼却(野焼き行為)が一部の例外を除き禁止されています。【例外は下記参照】
 この法律では、「何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない」とあり、廃棄物の野外焼却(野焼き行為)禁止に違反した場合は、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処し、またはこれを併科されることがあります(廃棄物処理法第25条第1項第15号)。

野焼きの画像

野外焼却(野焼き行為)禁止の例外規定

  1. 国または地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
     例:河川管理者等が河川の管理を行うために伐採した草木などの焼却
  2. 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害予防、応急対策または復旧のための焼却
     例:災害時の木くずの焼却
  3. 風俗習慣上、宗教上の行事のための廃棄物の焼却
     例:どんと焼き、門松、しめ縄等の焼却
  4. 農業林業または漁業を営む上でのやむを得ない廃棄物の焼却
    ※家庭菜園・レジャー農園は農業ではありません。
     
    例:農業者が行う病害虫防除目的の稲わら、畦畔の枯草などの焼却
     ※ただしビニール類は不可
  5. 焚き火等、日常生活を営む上での通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの
    (煙の量や臭いなどが近隣の迷惑にならない程度の燃焼行為)
     
    例:キャンプファイヤーや庭先での小規模な落ち葉焚き

※野外焼却(野焼き行為)禁止の例外規定とされた行為であっても、生活環境上支障を与え、苦情等がある場合は行政指導の対象となります。

※消防署長へ野焼きの届出をし、受理された場合であっても苦情等がある場合は取り止めていただく場合があります。

市からのお願い

 ごみは各家庭等で燃やして処理しないことが原則です。ごみを燃やした時に発生する煙には、ダイオキシン類が含まれているだけでなく、臭いが洗濯物についてしまったり、煙が部屋に入るので窓が開けられず、ぜんそくなどの持病をお持ちの方には大変辛いものでもあります。
 また、火災になる危険もありますので、家庭ごみは、分別して集積所に出すようお願いします。

問い合わせ先

野焼き(廃棄物の処理)に関すること
 クリーン推進課不法投棄対策班
 電話:0476-42-5111(内線384、385)

環境指導に関すること
 環境保全課環境指導班
 電話:0476-42-5111(内線361~363)

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。