ページの先頭です

木下万葉公園(きおろしまんようこうえん)

[2013年10月1日]

施設概要

木下万葉公園(きおろしまんようこうえん)
木下万葉公園(きおろしまんようこうえん)貝層

開園面積

 27,218平方メートル

主な施設

 展望広場、駐車場、トイレ

みどころ

平成17年9月に愛称を募集し同年11月21日にオープンしました。

「丘の上の万葉の緑に囲まれた、心地よい風の吹き渡る公園のイメージから」や「日本古来の木々が自然に植えられていて、のんびりと散策していると、ふと万葉人の一句がよみがえるような、そんな公園になったら」という意味が込められています。

公園内に木下貝層があります。およそ10万年前の地層で、当時の関東平野は「古東京湾」と呼ばれる海でした。貝層が化石になっていることは珍しいということです。

木下貝層は平成14年3月19日国の天然記念物に指定されました。

所在地

木下1944番地ほか

関連情報

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所都市建設部都市整備課管理班

電話: 0476-42-5111(代) ファクス: 0476-42-6200

お問い合わせフォーム


木下万葉公園(きおろしまんようこうえん)への別ルート