ページの先頭です

Hib感染症(ヒブ)予防接種について

[2014年4月1日]

Hib感染症について

 

 インフルエンザ菌、特にb型は、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎などの感染症のほか、髄膜炎、敗血症、肺炎などの重篤な全身性の感染症をおこす病原菌です。Hibによる髄膜炎は、5歳未満の人口10万対7.1~8.3とされ、年間約400人が発症し、約11%が予後不良と推定されています。生後4か月~1歳までの乳児が過半数をしめています。

 

Hibワクチン(乾燥ヘモフィルスb型ワクチン)について

 

 インフルエンザ菌は7種類に分類されますが、重症例は特にb型のためワクチンとしてこのb型が使われています。このワクチンは世界で広く使われており、日本では平成20年12月に接種できるようになりました。

  欧米では、ワクチン導入後Hib重症感染症は劇的に減少しました。WHO(世界保健機構)は1198年に乳幼児への定期接種を強く勧告し、世界110カ国で導入され、その効果は高く評価されています。

 DPT-IPV(4種混合)ワクチンや小児肺炎球菌ワクチンとの同時接種を行うことについては、それぞれ単独接種が可能ですが、その必要性を医師が判断し、保護者の同意を得て接種します。

 

 

Hibワクチン(乾燥ヘモフィルスb型ワクチン)の副反応について

 

 副反応としては局所反応が中心で、発赤(42.4~45.9%)、はれ(9.9~23.1%)、しこり(13.9~21.5%)、痛み(2.5~9.1%)がみられます。全身反応は、不機嫌(8.5~23.0%)、食思不振(4.1~13.2%)、発熱(1.6~4.1%)などがみられます。

 

Hibワクチンの接種方法について

 

 ☆接種を開始した月齢によって、接種回数が異なります。打ち忘れのないようにご注意ください。

 

 

Hibワクチンの接種方法
   接種開始時期 接種回数             接種方法
接種開始が生後2月~7月に至るまでの場合 初回3回
       +
  追加1回

<初回>
27日以上(医師が認める場合は20日)標準的には56日までの間隔で3回
 *ただし、初回2回目・3回目の接種は生後12月になるまでに終了すること。(12月を過ぎた場合は、2回目・3回目の接種は行わない。追加接種は可能)

<追加>
初回の3回目が終了後、7か月以上、標準的には13か月後までの間隔で1回。
*初回接種が1回、または2回で終了している場合は、初回接種に係る最後の接種から27日以上の間隔をおいて追加接種をおこなう。

接種開始が生後7月~12月に至るまでの場合 初回2回
       +
  追加1回

<初回>
27日以上(医師が認める場合は20日)標準的には56日までの間隔で2回
 *ただし、初回2回目の接種は生後12月になるまでに終了すること。(12月を過ぎた場合は、2回目の接種は行わない。追加接種は可能)

<追加>
初回の2回目が終了後、7か月以上、標準的には13か月後までの間隔で1回。
*初回接種が1回で終了している場合は、1回目の接種から27日以上の間隔をおいて追加接種をおこなう。

接種開始が生後12月に至った日の翌日~60月までの場合      1回 5歳になる前日までに1回接種

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所健康福祉部健康増進課母子保健係

電話: 0476-42-5595(中央保健センター内) ファクス: 0476-42-5514

お問い合わせフォーム


Hib感染症(ヒブ)予防接種についてへの別ルート