ページの先頭です

電気柵との接触にはご注意ください

[2015年7月22日]

市民の皆さまへ

 平成27年7月19日に静岡県西伊豆町において、獣害対策のために設置されていた電気柵の近くで、感電し死傷する事故が発生しました。

 印西市でも、イノシシ等による農作物被害を防止するため、各地域で電気柵が設置されています。

   ●電気柵を見かけた方は、電線にむやみに近づかないようにしてください。 

   ●小さなお子様を連れている方やご高齢の方、体に疾患がある方は、十分に気を付けてください。 

   ●ペットを散歩させている方は、ペットが電線に近づかないようにしてください。

 万が一、電線が断線している状況を見かけたら、直ちに下記までご連絡くださいますようお願いいたします。

 

 

 

電気柵とは

 電気柵は、獣害から農作物を守るため設置している防護柵です。

 動物に瞬間的な電気ショックを与え、「ここの場所は危険である」ことを学ばせ、近づけさせないようにします。

 電気柵は、1秒間隔で高電圧(パルス)を発生させ、動物が電線に触れた際、瞬間的に、衝撃電流(ショック)がかかる仕組みです。

 人が誤って、電気柵に振れた場合には、静電気のようなショックを受けます。しかし、体が濡れた状態で、電気柵に触れた場合には、乾いた手で触れた場合よりも、強い衝撃を受けます。くれぐれも電気柵には触れないようにお願いします。

 

 

 

電気柵を設置されている皆さまへ

 定期的に電気柵の見回り点検をお願いします。

 電気柵を設置したら、必ず危険表示を行ってください。

 断線や本器の破損、草木等による漏電には、迅速に対処していただくようお願いします。

 安全な状態で、電気柵が使用できるよう、設置地区全員で協力し、草刈り等の保全管理をお願いします。

 

 

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所環境経済部環境保全課鳥獣被害対策係

電話: 0476-33-4439 ファクス: 0476-42-5339

お問い合わせフォーム


電気柵との接触にはご注意くださいへの別ルート