ページの先頭です

【重要】インターネット通信の暗号化方式「SSL3.0]の脆弱性への対応について

[2015年12月22日]

インターネット通信の暗号化方式「SSL3.0」の脆弱性への対応について

インターネット通信で使用する通信方法のひとつである「SSL3.0」に深刻な脆弱性があり、暗号化されている通信の内容が漏えいする恐れがあることが判明しています。

そのため、印西市公共施設予約システムでは、利用者の情報資産の安全性確保のため、平成27年2月21日から「SSL3.0」による暗号化通信を無効化いたします。

この対応により、ご利用のブラウザの設定によっては、印西市公共施設予約システムの画面が表示できなくなる可能性があります。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ブラウザの設定をご確認のうえ、必要に応じて変更をお願いします。

 

【設定が必要な方】

ブラウザの通信設定で、「TLS1.0」が無効(チェックボックスが空の状態)となっている方

 

【設定方法】

★Internet Explorerをお使いの方★

1.Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。

2.[インターネット オプション]ダイアログ ボックスの[詳細設定]タブをクリックします。

3.[セキュリティ]カテゴリで、[SSL3.0を使用する]のチェックボックスをオフにし、[TLS1.0を使用する][TLS1.1の使用]、および[TLS1.2の使用]のチェックボックスをオンにします(使用可能な場合)。

4.[適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

5.Internet Explorerを再起動します。

 

★WindowsでFirefox、Google Chromeをお使いの方、Macをお使いの方★

SSL3.0の脆弱性に対応したバージョンがMozilla Japan、グーグル社およびアップル社からリリースされています。お使いのブラウザのバージョンアップをお願いいたします。

Firefoxの更新方法(Mozilla Japanのサイトに移動します) https://support.mozilla.org/ja/kb/update-firefox-latest-version(別ウインドウで開く)

Google Chromeの更新方法(グーグル社のサイトに移動します) https://support.google.com/chrome/answer/95414?hl=ja(別ウインドウで開く)

MacOSの更新方法(アップル社のサイトに移動します) http://support.apple.com/ja-jp/HT201541(別ウインドウで開く)

Internet Explorerの設定方法について、下記をご参照ください

Internet Explorerの設定方法

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

予約システムのホームページアドレス

ダウンロード

お問い合わせ

利用される施設の窓口に問い合わせてください。

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。


【重要】インターネット通信の暗号化方式「SSL3.0]の脆弱性への対応についてへの別ルート