ページの先頭です

福聚院阿弥陀三尊立像[市指定有形文化財(彫刻)]

[2016年3月23日]

福聚院阿弥陀三尊立像(3躯)

福聚院阿弥陀三尊立像

 製作年代、仏師名とも不明ですが、製作技法、願容(特に耳朶)や複雑で彫りの深い衣文線等の特徴から、鎌倉時代初期(12世紀後半から13世紀初頭)に中央(京都・奈良)で活躍していた慶派(運慶・快慶を中心とした仏師集団)に所属していた仏師によって製作されたと思われる秀作です。製作後大正末期までに4回にわたる修理の痕跡があり、阿弥陀如来(左手、両手先、右袖外側の一部)及び観音菩薩(両手先、両足先、持蓮華)が後補されています。

 

【所在地】中根1378(福聚院)【指定年月日】平成5年6月22日

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所教育委員会 教育部生涯学習課文化係

電話: 0476-33-4714 ファクス: 0476-42-0033

お問い合わせフォーム