ページの先頭です

「印西市自転車の安全・安心利用に関する条例」が改正

[2016年3月30日]

 平成28年第1回(3月)定例会において「印西市自転車の安全・安心利用に関する条例の一部を改正する条例」の制定についての議案が可決され、改正後の条例が平成28年4月1日から施行されます。

 

 この改正により、自転車の乗車用ヘルメットの着用について、新たに2つのルール(努力義務)が規定されます。

  1.  全ての自転車利用者が、自転車に乗車する際に乗車用ヘルメットを着用すること
  2.  高齢者(65歳以上の方)の家族が、自転車に乗車する高齢者に乗車用ヘルメットの着用を促すこと

 

 自転車乗車中の事故が発生し、頭部を損傷した場合、その事故による怪我を原因として死に至るケースは多く、事故に遭った際の被害を軽減する対策のひとつとして、乗車用ヘルメットの着用は有効です。自転車に乗車する際は、必ず乗車用ヘルメットを着用しましょう。

 

関連情報

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所市民部市民安全課市民安全班

電話: 0476-42-5111(代) ファクス: 0476-42-7242(代)

お問い合わせフォーム


「印西市自転車の安全・安心利用に関する条例」が改正への別ルート