ページの先頭です

風しん予防接種費用の助成について(お知らせ)

[2018年10月26日]

風しん予防接種を一部公費助成します

 千葉県では、7月以降風しんの発生が増加しています。平成30年1月1日から10月24日までの患者数の届け出は251例、特に10月1日から10月24日は55例と急増しています。(千葉県ホームページ 感染症情報センター/風しん情報)(別ウインドウで開く)

 風しんは、妊婦、とくに妊娠初期の女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんに難聴、心疾患、白内障などの「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

  印西市では先天性風しん症候群を予防するため、風しん予防接種(任意)を受けた人に接種費用の一部助成を行います。

 なお、妊娠中の人は予防接種が受けられません。人混みを避けるなど、風しんにかかっている可能性のある人との接触を可能な限り避けるようにしましょう。

 

対象となる人

予防接種実施日に印西市民であり、18歳以上で、次のいずれかに該当する人

  1. 妊娠を希望する女性(妊娠中の人は接種不可)
  2. 妊娠を希望する女性のパートナー※
  3. 妊娠をしている女性のパートナー※

※配偶者のほか、婚姻の届出はしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情がある方を含みます。

助成対象となる接種期間 

 平成30年8月14日から平成31年3月31日まで

申請期限

平成31年3月31日まで(中央保健センター必着)

助成回数

  助成対象者1人につき1回

助成方法

償還払い

(一度医療機関で実費で支払っていただいた後、申請していただくとお金が返ってきます。)

助成金額

 風しんワクチンまたはMR(麻しん風しん混合)ワクチンを接種した場合

 接種費用の1/2 (1,000円未満の端数切捨て) 上限額:5,000円

   例)ワクチン代金 9,720円の場合

      9,720÷2=4,860 ⇒ 助成額は4,000円 (1,000円未満切り捨て)

申請に必要なもの

 1.印西市風しん予防接種費用助成申請書および請求書

    中央・印旛・本埜保健センター窓口、または下記添付ファイルからダウンロードできます。

 2.接種したことが確認できる書類(予防接種済証、診療報酬明細書など)

 3.領収書の原本

 4.申請者(接種者本人)の口座がわかるもの

 5.認印

申請方法

申請書および請求書に必要事項を記入、捺印し、接種したことが確認できる書類、領収書の原本、申請者(接種者本人)の口座がわかるもの、認印を中央・印旛・本埜保健センターまで持参してください。

*郵送で申請する場合は、事前に中央保健センターまでご連絡ください。

申請場所

下記の保健センターまでお越しください。

中央保健センター(〒270-1327 大森2356‐3)
印旛保健センター(〒270-1693 美瀬1‐25)
本埜保健センター(〒270-2392 笠神2587)


接種に際しての注意

  • 女性の場合は、妊娠前に約1か月避妊した後、ワクチンを接種することが勧められています。接種後は、2か月間避妊するよう注意する必要があります。
  • 指定の医療機関はありません。市外・県外の医療機関で接種した場合も対象になります。
  • 現在、風しん単独のワクチンは品薄状態です。麻しんも同時に予防できるMR(麻しん風しん混合)ワクチンの接種をお勧めします。
  • 予防接種後の健康被害については、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度の対象となります。詳しくはホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

※ 千葉県では、無料で風しん抗体検査を行っています。詳しくは下記リンクをご参照ください。

  「千葉県風しん抗体検査」についてはコチラ(別ウインドウで開く)         

リンク

ダウンロード

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所健康福祉部健康増進課母子保健係

電話: 0476-42-5595(中央保健センター内) ファクス: 0476-42-5514

お問い合わせフォーム