ページの先頭です

国民健康保険税の減免期間の見直し(旧被扶養者)

[2019年4月1日]

後期高齢者医療制度の開始に伴い、75歳の誕生日から後期高齢者医療制度に移行します。

このうち、会社などの健康保険の被扶養者から国民健康保険の被保険者となった人(旧被扶養者(被保険者の資格を取得した日において65歳以上の人))については、保険料などの上昇に対する緩和策として、減免を行っています。

◎減免内容

 所得割額・・・免除

 被保険者均等割額・・・5割減免

 世帯別平等割額・・・5割減免(※旧被扶養者のみで構成される世帯に限る)

2019年度から、対象でない人との世代間、世代内の負担の公平を図り、負担能力に応じた負担を求めるため、減免期間を次のとおり変更します。

◎減免期間の見直し

 被保険者均等割額と世帯別平等割額の5割減免期間を国民健康保険資格取得日の属する月から2年を経過する月までに変更

  ※所得割額については引き続き免除

  ※2019年度以前に資格取得した旧被扶養者にも適用されます。

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所市民部国保年金課保険税係

電話: 0476-33-4462 ファクス: 0476-42-8901

お問い合わせフォーム