ページの先頭です

手足口病が流行しています

[2019年7月12日]

手足口病が流行しています

手足口病とは

 手足口病は、口の中や手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルス感染症です。子どもを中心に主に夏に流行します。例年、発生報告数の90%前後は5歳以下の乳幼児です。



手足口病の患者発生状況

 令和元年6月3日~6月9日時点において、小児科定点からの患者届出数が、過去20年間で最も多く、今後の動向に注意が必要な状況です。




手足口病の予防について

 接触感染を予防するために、手洗いをしっかりすることと、排泄物を適切に処理することです。排泄物を処理したあとは、流水と石けんで十分に手を洗い、タオルは共用しないようにしましょう。手足口病は、治った後も、比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されます。また、感染しても発病しないまま、便の中にウイルスが排泄されている場合もあるので、日頃からしっかりと手洗いをしましょう。

手足口病の症状と治療について

 手足口病に有効なワクチンはなく、特効薬や特別な治療もありません。基本的には軽い症状の病気ですが、まれに髄膜炎や脳炎などの合併症が起こる場合があります。高熱が出る、発熱が2日以上続く、吐く、頭を痛がる、水分が取れずおしっこが出ない、ぐったりしているといった症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。


厚生労働省Q&A

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所健康子ども部健康増進課母子保健係

電話: 0476-42-5595(中央保健センター内) ファクス: 0476-42-5514

お問い合わせフォーム