ページの先頭です

北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう

[2019年12月1日]

北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10日~12月16日)

 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的として、平成18年6月に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行されました。

 この法律では、国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに、毎年12月10日から16日までの1週間を「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされました。

 拉致問題は、わが国喫緊の国民的課題であり、これをはじめとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中、この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

政府主催 拉致問題に関する国際シンポジウム

日時

令和元年12月14日(土曜日)

場所

イイノホール(東京都千代田区内幸町二丁目1-1)

主催

政府 拉致問題対策本部、法務省

お問い合わせ先

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。


北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めようへの別ルート