ページの先頭です

令和元年台風15号からの一連の災害により被災した住宅に対する応急修理について

[2019年11月8日]

制度の概要

 令和元年台風15号からの一連の災害により被災した住宅に対して、災害救済法に基づき、屋根等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管・配線、トイレ等の衛生設等の日常生活に必要欠くことのできない部分の応急修理を行うことで、被災者が引き続き元の住宅に住むことができるように支援する制度です。

 被災者が市の窓口に申込みを行い、市が修理業者に依頼して修理は行われます。市が修理業者に直接支払う制度で、被災された方に費用が支給されるものではありません。

対象者

以下の全ての要件を満たす者(世帯)

  1. 当該災害時に被災した住宅に住んでいて、半壊または一部損壊の住家被害を受け、自らの資力では応急修理することができない者
  2. 応急修理を行なうことによって、避難所等への避難を要しなくなると見込まれること
  3. 応急仮設住宅を利用しないこと

相談窓口

  • 建築指導課住宅係

詳細につきましては、千葉県HPを参照してください。

千葉県HP「令和元年台風第15号の被災住宅に対する応急修理について」はこちらです。(別ウインドウで開く)

※「一部損壊」の方で、応急修理制度が対象とならない場合であっても、補助制度(被災住宅修繕緊急支援事業)の対象となることがあります。

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所都市建設部建築指導課住宅係

電話: 0476-33-4657 ファクス: 0476-42-0028

お問い合わせフォーム


令和元年台風15号からの一連の災害により被災した住宅に対する応急修理についてへの別ルート