ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

印西市残土条例施行規則の一部改正について

[2021年2月1日]

ID:9304

印西市残土条例施行規則の一部改正について

改正の経緯

    次のとおり印西市土地の埋立て等による土壌の汚染及び災害の発生の防止に関する条例施行規則(市残土条例施行規則)
  の一部の改正を行います。

(1)環境省より「土壌の汚染に係る環境基準についての一部を改正する告示(令和2年4月2日付)」が公布され、環境基準の見
      直しが行われました。本改正を受け、市残土条例施行規則で定める安全基準項目及び分析方法について、 国の環境基準に準
      じた安全基準に合わせ改正します。

(2)従前、千葉県廃棄物指導課長発通知を基に特定事業に使用する土砂等土質調査結果の有効期限を「おおむね20か月」とし
    ていましたが、見直しを行い、「検査資料採取日から20か月」としました。

(3)想定外の災害発生について予断の許されない現在にあって、災害の未然防止を目的とした公共性のある事業を速やかに進める
      ため、適用除外項目の追加を行いました。


主な改正の内容

(1)別表第1のカドミウムの項基準値「0.01ミリグラム」を「0.003ミリグラム」に、測定方法「日本産業規格K0102 55に定める方
     法」を「日本産業規格K0102 55.2、55.3または55.4に定める方法」に改め、トリクロロエチレンの項基準値を「0.03ミリグラ
     ム」を「0.01ミリグラム」に改めます。

(2)特定事業で使用する土砂等が安全基準に該当していることを証するために使用する書面である「検査資料採取調書(様式第15
      号)」、「地質分析(濃度)結果証明書(様式第16号)」の有効期限を検査試料を採取した日から20か月と定めます。
       ただし、特定事業区域内表土検査であり「特定事業区域内の形状が変更されていないこと」若しくは「特定事業区域外から土砂
      等の搬入がないこと」が明らかな場合は除外されます。

(3)市残土条例施行規則に定める条例除外項目に「公共性が高く災害の発生防止に資する事業であって市長が認めるもの」を追加
      しました。

施行日

令和3年4月1日(所要の経過措置を設けます。)

お問い合わせ

印西市役所環境経済部環境保全課指導係

電話: 0476-33-4495

ファクス: 0476-42-5339

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム