ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

化学物質過敏症をご存知ですか

[2019年6月19日]

ID:9413

現代社会では、化学物質が住宅や生活用品などの身の回りのものに当たり前のように使われています。

このような中で、一度に多量の化学物質を浴びたり、少量でも長期間浴び続けたりすることで、突然、

化学物質に過敏に反応し、体調不良に苦しんでいる人がいます。また誰でも発症する可能性があります。

この病気は医学的にはまだまだ未解明な部分が多く、広く一般には知られていないのが現状です。


原因となる主な化学物質

合成洗剤(衣類用・食器用ほか)、柔軟剤、消臭剤、芳香剤、防虫剤、殺虫剤、除草剤、

殺菌剤、塗料、たばこの煙など


主な症状

人によりさまざまですが、頭痛、吐き気、目がかすむ、動悸、呼吸困難、

下痢、不安やうつ状態などがあります。


皆さんができるちょっとした気づかい

●人が集まる場所に行くときは香水などは控えめにする

●他人にたばこの煙を吸わせないよう注意する

●庭木にまく薬剤を最小限にし、散布するときは近所にひと声かける

●家の塗装工事などをするときは、近所に早めに予定を知らせる    など


                               


お問い合わせ

印西市役所健康子ども部健康増進課健康支援係

電話: 0476-42-5595(中央保健センター内)

ファクス: 0476-42-5514

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム