ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

子育て世帯への臨時特別給付について

[2022年1月6日]

ID:13460

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子育て世帯への臨時特別給付

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、その影響を受けている子育て世帯を支援する取組の一つとして、高校生までの子どもがいる該当世帯に対し支給します。


(注意)令和4年1月6日時点の情報により記載しておりますので、今後、詳細などの決定・変更は、決まり次第このページで随時お知らせします。

(注意)今回の給付金に関しては、当初先行給付として現金5万円、クーポン券5万円の併せて10万円相当をそれぞれ支給としておりましたが、印西市ではクーポン券5万円相当に代えて現金5万円の支給とします。

(注意)12月24日に5万円を支給された方には、残りの5万円を1月21日(予定)に同様の口座に支給します。また、1月以降新たに支給を受ける方には一括で10万円を支給します。

対象者

(1)令和3年9月分の児童手当を受給している方(特例給付を除く)

 (注意)令和3年度現況届が未提出のため、児童手当の支給が止まっている方は現況届をご提出していただく必要があります。

(2)令和3年9月30日時点(基準日)で平成15年4月2日~平成18年4月1日(高校生等)を養育する父母等のうち所得の高い方

 (注意)児童手当(特例給付を除く)受給に準ずる方

(3)令和4年3月31日までに生まれた児童(新生児)の児童手当(特例給付を除く)を受給している方

(注意)対象者の所得が児童手当の所得制限限度額内の方に限ります。

(注意)特例給付受給者(児童一人につき月額5,000円が支給されている方)は対象になりません。

 扶養人数等によって所得制限限度額が異なります。児童手当所得制限限度額については、次の表及び児童手当制度(別ウインドウで開く)をご覧ください。

児童手当所得制限限度額について

児童手当所得制限限度額
 扶養親族等の数  所得制限限度額     収入額の目安   
  0人    622万円   833万円 
  1人     660万円   875万円 
  2人    698万円   917万円 
  3人    736万円   960万円 
  4人    774万円 1,002万円 
  5人    812万円 1,042万円 

「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

注1:扶養親族等の数は税法上の扶養人数です。年末調整や申告の際に扶養としていない場合は、適用されませんので注意ください。

注2:所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。

注3:扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

注4:ここでいう所得は、一部所得から差し引かれる控除を適用したものとなります。

給付金額

対象児童1人につき 10万円(先行給付金5万円+クーポン券に代えて現金5万円)


申請方法・支給時期

■印西市から児童手当(9月分)を受給している方については、プッシュ方式(申請不要)で令和3年12月24日(金曜日)支給済

(注意)残りの現金5万円は1月21日(予定)に同様の口座に支給します。12月24日支給額と同額です。

(注意)1月12日(予定)から前回同様に事前に個別通知・案内のはがきを順次送付しますのでご確認ください。今回通知する支給対象児童には前回同様に10月以降出生した新生児は含まれていません。10月以降の出生児に対する給付金手続きは原則申請が必要ですが、印西市から児童手当の認定を受けた新生児分は、今後プッシュ方式(申請不要)で支給します。

(注意)給付金振込口座は児童手当受取口座となりますので当該口座が解約等しており、給付金の支給に支障が生じる恐れがある場合は、「児童手当・特例給付 振込先口座依頼書」の届出が必要となります。

(注意)対象となる方で給付金の受け取りを拒否される場合には、令和4年1月14日までに「子育て世帯への臨時特別給付金の受給を希望しない旨の届出書」を子育て支援課に提出または郵送(必着)ください。


■■上記以外の方(高校生のみ世帯、公務員など)は、原則申請が必要となります。【令和4年2月28日申請締め切り】

ただし、対象児童と同世帯の世帯情報、所得状況を確認し、支給対象となる方の口座情報が、以前の児童手当情報や令和2年度に実施した子育て世帯特別給付金の申請等により把握できる場合にはプッシュ方式(申請不要)で支給します。対象となる方には1月6日(予定)に案内通知を送付いたしますので内容をご確認ください。(特に振込口座の確認をお願いします。当該口座が解約等しており、給付金の支給に支障が生じる恐れがある場合はご連絡ください。)

支給対象となる方で、主たる生計維持者が確認できない場合や口座情報が把握できない、令和3年1月2日以降転入などで市で所得状況が確認できないなどにより、プッシュ方式(申請不要)で支給できない方には、1月6日(予定)に案内通知(申請書同封)を、児童の住民票の世帯主あてに送付します。(世帯主の方と児童を養育する保護者が異なる場合は、ご家庭内で案内通知のご確認をお願いします。)

なお、この給付金は所得制限が設けられております。広くご案内するため所得制限を超える方にも案内通知を送付している場合もあります。

申請書がお手元にない場合は、お手数ですが以下より印刷の上ご利用ください。

(注意)新生児については、出生時に印西市に児童手当の認定請求を届出ている場合は申請不要ですが、印西市から児童手当を受給しない世帯(公務員世帯)に関しては申請が必要です。



子育て世帯への臨時特別給付金の受給を希望しない旨の届出書

申請期限・申請先

申請期限: 令和4年2月28日(月曜日)(新生児を除く)

申請先 : 〒270-1396印西市大森2364-2 

      印西市役所子育て支援課(感染症予防のため極力郵送により申請ください)

      (注)申し訳ありませんが、支所・出張所では受け付けできません。


よくある質問

Q 申請書が届きません。

A 9月分の児童手当を印西市から受給している人、プッシュ方式の案内(1月6日発送予定)が届いている人以外は原則申請が必要です

   市で所得状況がわからない方には申請書を送付(1月6日発送予定)しておりますが、一方で市において所得が確認でき、また所得制限を超える方に関しては本給付金が対象となりませんので申請書を送付していない場合があります。申請書が必要な方でお手元にない場合は、お手数ですが上記より印刷の上、ご利用ください。

  (注意)上記「児童手当所得制限限度額について」をご参照ください。

 

Q 9月30日(基準日)に主たる生計維持者が、印西市外に単身赴任でしたが、申請はどちらにすればよいですか?

A 児童が基準日に印西市に住民票がある場合でも、主たる生計維持者の住民登録地に申請してください。


Q 10月以降に印西市に引っ越してきましたが、印西市で申請が必要ですか?

A 基準日が9月30日ですので、その時点でお住いの市町村へお問い合わせください。

  10月以降に生まれた児童につきましては、印西市で本給付金を支給します。出生時に印西市に児童手当の認定請求を届け出ている場合は申請不要ですが、印西市から児童手当を受給しない世帯(公務員世帯)に関しては申請が必要です。


本給付金の趣旨について

 この給付金は、新型コロナウイルス感染症が長期化し、その影響がさまざまな人に及ぶ中、子育て世帯については、我が国の子どもたちを力強く支援し、その未来を拓く観点から実施するものです。こうした趣旨を受給者の皆さまに是非ご理解をいただき、例えば9月以降の離婚により子どもの養育者が変更し、給付金が元の養育者に振り込まれた場合においても、給付金が子どものために使われるよう、現在の養育者と話し合っていただくなど、受給者の皆さまにはご協力をお願いいたします。

 (内閣官房令和3年経済対策世帯給付金等事業企画室より)

制度の趣旨等についての問い合わせ先

●内閣府 コールセンター●

市では、対象者の皆さまに本給付金を迅速に支給するために、準備を進めております。

給付金に関する制度など、一般的なお問い合わせには、内閣府が開設したコールセンターが対応しています。

電話番号:0120-526-145(フリーダイヤル)

時間:午前9時から午後8時(土曜日、日曜日祝を含む。12月29日~1月3日を除く)


詐欺被害の防止

 本件を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください!
 ご本人様に印西市から問い合わせを行うことはありますが、現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることや、支給のために手数料の振込みを求めることは絶対にありません。
 少しでも不審な電話や郵便物だと思ったら、消費生活センターや最寄の警察署にご連絡ください。
 

お問い合わせ

印西市役所健康子ども部子育て支援課給付係

電話: 0476-33-4645

ファクス: 0476-33-4585

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム