ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

熱中症予防×コロナ感染防止

[2022年6月23日]

ID:14644

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マスクの着用により、熱中症のリスクが高まります

マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調整がしづらくなってしまいます。

暑さを避け、水分を摂るなどの「熱中症予防」と、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。


高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、 熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。

体調に応じて、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。



リーフレット1
リーフレット2

お問い合わせ

印西市役所健康子ども部健康増進課健康支援係

電話: 0476-42-5595(中央保健センター内)

ファクス: 0476-42-5514

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム