ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして>本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

メニューの終端です。

小児インフルエンザ予防接種(任意予防接種)

[2024年4月1日]

ID:17563

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

季節性インフルエンザとは

季節性インフルエンザは、A型またはB型インフルエンザウイルスの感染を受けてから、1~3日間ほどの潜伏期間の後に起こる急性呼吸器感染症です。

日本では通常初冬から春先にかけて流行し、その多くは自然に治癒します。毎年罹患者が発生すると、学校や仕事などを休む人が一気に増え、割合が低くても罹患者が増えれば多くの重傷者が発生し、数千~数万人の生命に危険が及ぶこともあります。

【症状】

発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛などがあらわれ、いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強くなります。鼻閉、咽頭痛、せきなどの呼吸器症状は遅れて出現することが多く、合併症がなければ2~7日で治癒します。

【合併症】

肺炎や脳症、気管支炎、中耳炎、結膜炎などを認める場合があります。

小児インフルエンザワクチンの予防接種費用を一部助成します

令和6年10月1日から12月31日の期間に小児インフルエンザ予防接種をした場合は、公費助成の対象となります。

(重要)令和6年10月1日より前に接種した予防接種及び令和6年12月31日より後に接種した予防接種は、費用助成の対象とはなりません。ご了承ください。

対象者

生後6か月から小学6年生まで(接種当日、印西市に住民登録がある方)

助成対象ワクチン

小児インフルエンザワクチン(不活化ワクチン)

接種費用助成額

1,500円/回

・毎年最大2回までの公費助成

接種方法

・皮下注射   摂取量:0.25㎖(生後6か月~3歳未満),0.5㎖(3歳未満~小学6年生)

小児インフルエンザワクチンは、1回目接種後、2週間~4週間あけて接種

1回目接種後、4週間以上の間隔があいた場合は速やかに2回目接種をしてしてください

副反応

副反応には、注射部位の痛み、赤み、腫れなど、全身症状として筋肉痛、疲労感、頭痛を伴うことがあります。通常、数日以内で治ります。万が一、高熱や腫れ、けいれんなどの症状があった場合は、医師の診察を受けてください。


市内委託医療機関で接種を受ける場合

市内委託医療機関で接種する場合は、保健センターへ申請していただく必要はありません。

市内委託医療機関にて接種の予約をしてください。

助成額を差し引いた金額を医療機関にお支払いください。


接種時の持ち物

  1. マイナンバーカードや健康保険証など(本人確認ができるもの)を医療機関に提示
  2. 接種料金 
  3. 予診票は、医療機関に用意してあるものをお使いください。または、下記の「お知らせ」と「予診票」をダウンロードして使用することもできます。
令和6年度 市内委託医療機関
No. 医療機関電話番号 

受け入れ接種対象年齢

1すずき小倉台医院0476-42-3766生後6か月以上
2キャップスクリニック0476-36-7275生後6か月以上
3千葉ニュータウン駅前こどもクリニック0476-85-5511生後6か月以上
4千葉ニュータウン駅前耳鼻咽喉科クリニック0476-40-1133生後6か月以上
5内野診療所0476-46-3621生後6か月以上
6すこやか内科クリニック印西0476-33-6585小学生のみ
7奈良整形外科0476-46-9011小学3年生以上
8牧の原いとうクリニック0476-47-5011生後6か月以上
9いんざいさくらクリニック0476-85-4700小学生のみ
10印西そよかぜ内科・呼吸器内科0476-37-6700

小学生のみ

(ただし、家族と同時に接種の場合は、3歳以上も可)

11はぐくみBaby&Kidsクリニック0476-85-6492生後6か月以上
12印西総合病院0476-33-3000生後6か月以上
13牧の里クリニック0476-97-1321生後6か月以上
14あんべこどもクリニック0476-80-9611生後6か月以上
15いしばし内科クリニック0476-80-51803歳以上
16つがねさわ医院0476-80-3616生後6か月以上

市内委託医療機関以外で接種を受ける場合

市内委託医療機関以外で接種を受ける場合は、接種費用の全額を医療機関へお支払いいただいた後、以下の償還払い必要書類を提出してください。                                                     

申請受理後、口座振込にて接種費用の一部を払い戻しいたします。 (償還払い)                               

償還払い必要書類

(1)「任意予防接種費用助成金交付申請書兼請求書」 以下からダウンロードし、印刷してください(健康増進課窓口にも備えています)。

(2)任意予防接種の接種年月日及び接種種別が確認できる書類の写し(母子健康手帳の予防接種記録の写し、予診票の写し、予防接種済証のいずれか一つ)

(3)領収書(原本)  (注意)事務処理後に返却します

(4)接種を受けた人の氏名、接種したワクチン名、支払い額、接種年月日、接種医療機関が記載されているものの写し(明細書など)

(5)申請者及び接種を受けた人の本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)

(6)指定振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人が確認できるもの(写し)


【提出方法及び提出先】

◎郵送での提出をお願いします。

〒270-1327 印西市大森2356-3

印西市中央保健センター 健康増進課感染症予防係


【注意事項】

・申請期限は接種日から1年間です。(郵便消印が期限以内のもの)

 期限を過ぎた場合は、償還払いの対象となりませんのでご注意ください。

・中央保健センターは、市民向けのコピー機はありません。


健康被害救済制度

(注意)任意予防接種による「医療品副作用被害救済制度」について

任意予防接種は、予防接種法に基づく予防接種ではないため、万一、被接種者に健康被害が生じたときは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済制度の対象となる場合があります。

くわしくはこちら⇒【独立行政法人医薬機器総合機構】「医薬品副作用被害救済制度について」(別ウインドウで開く)をご確認ください。

お問い合わせ

印西市役所健康子ども部健康増進課感染症予防係

電話: 0476-42-5595(中央保健センター内)

ファクス: 0476-42-5514

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム