ページの先頭です

市のシンボル

[2015年7月3日]

 市では、1市2村の合併に伴い、市の新たなシンボルとして、「市の花」、「市の木」、「市の鳥」、「市の魚」を指定することを検討し、知識経験者と公募により選出された市民で構成する市民憲章等検討委員会を設置するとともに、広報いんざい意見公募特別号による市民意見の募集、小中学生へのアンケート、市民意見公募手続を実施し、市民意向の把握に努めてまいりました。

 この度、市民憲章等検討委員会から、これらの市民意向を踏まえて作成された検討結果の報告を受け、この検討結果に基づき、平成22年9月11日付けで、市の花に「コスモス」、市の木に「サクラ」、市の鳥に「メジロ」、市の魚に「ナマズ」を指定することといたしました。

 今回、指定した市の新たなシンボルは、市民のみなさんが共有することで一体感を醸成するものです。市では、今後、さまざまな機会を通じて活用を図っていきます。

市の花 コスモス

 秋に色鮮やかな花を咲かせるコスモスには「調和」という意味があることから、人と人、地域と地域との調和や新市としての一体感を願う印西市にとってふさわしい花です。

市の花 コスモスの写真

写真提供:笠井 幸夫 氏

市の木 サクラ

 市内には、「小林牧場の桜並木」や「吉高の大桜」といった桜の名所があり、多くの市民に親しまれている木です。今後、これらの名所を観光資源として活用することで市の一層の発展が期待されます。

市の木 サクラの写真

写真提供:笠井 幸夫 氏

市の鳥 メジロ

 姿、色、鳴き声ともに愛らしく、昔から市民に親しまれている鳥です。また、主に山林に生息することから、緑豊かな里山を有する印西市には数多く生息しており、自然環境の保護を市民憲章に掲げている印西市にとってふさわしい鳥です。

市の鳥 メジロの写真

市の魚 ナマズ

 河川や湖沼に生息することから、利根川、印旛沼、手賀沼といった地域を代表する河川と湖沼を有する印西市では大変馴染み深い魚です。また、愛嬌のある容姿から市民に親しまれており、市のキャラクターとしての活用が期待されます。

市の魚 ナマズの写真

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所企画財政部ふるさとづくり推進課ふるさとづくり推進班

電話: 0476-33-4426 ファクス: 0476-42-7242(代)

お問い合わせフォーム