ページの先頭です

届出や証明書の取得には、本人確認書類が必要です!

[2016年7月21日]

 平成20年5月1日から戸籍法および住民基本台帳法の一部改正により、戸籍届出および住民異動届や証明書の取得の際には、窓口に来た人などの本人確認をしますので、「本人確認書類」を提示していただきます。

 この「本人確認書類」の提示により本人確認を厳正に行うことで、戸籍届出および住民異動届や証明書の取得などについて、第三者からのなりすましによる届出や証明書の交付ができなくなるなど、さらに個人情報の保護を図ります。皆さんのご理解とご協力をお願いします。

本人確認書類の種類 ※有効期間のあるものは、期間内のもの。

(1)官公署が発行した顔写真付きの書類

運転免許証、住民基本台帳カード(写真付き)、マイナンバーカード・パスポート、在留カード、特別永住者証明書、その他官公署が発行した顔写真付き免許証・許可証・資格証明書など。

(2)顔写真付きではない官公署が発行した書類

健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、年金手帳・証書、恩給証書、介護保険被保険者証、生活保護受給者証、住民基本台帳カード(写真なし)など。

(3)その他

 社員証、学生証、キャッシュカード、クレジットカード、預金通帳、診察券、消印のある本人宛の郵便物や信書便物、各種会員証など。

対象となるもの

※戸籍法と住民基本台帳法では、必要な本人確認書類の種類や数が異なります。

戸籍の届出(婚姻・離婚・養子縁組・転籍など)および戸籍謄本等の請求

 (1)の書類1点、(2)の書類2点、(2)の書類1点と(3)の書類1点のいずれか。  

住民異動届(転出入・転居・世帯分離など)および住民票等の請求

 (1)の書類1点、(2)の書類1点、(3)の書類2点のいずれか。

注意事項

  • 本人確認の対象は、現に届出や証明書の請求の任務にあたっている人です。委任状により代理人が窓口に来られる場合は、代理人の本人確認書類を提示していただきます。
  • いずれの「本人確認書類」も提示していただけない場合は、窓口で本人確認のための質問をさせていただきます。
  • 郵送による証明書の請求の場合、2点以上必要な本人確認書類が1点しかないときは、返信先は必ず本人の住民登録のある住所とします。
  • なりすましなどの不正な手段による届出や証明書の取得は、各法により罰せられます。

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所市民部市民課住民記録係

電話: 0476-33-4442 ファクス: 0476-42-7242(代)

お問い合わせフォーム


届出や証明書の取得には、本人確認書類が必要です!への別ルート