ページの先頭です

印西市立印旛歴史民俗資料館

[2018年1月10日]

印西市立印旛歴史民俗資料館

 印西市の各種歴史資料の調査研究・収集・保管・活用等の事業を通じて市民の教育、学術及び文化の発展に寄与するために設置されました。常設展示はいつでもご覧いただけ、そのほかに企画展、体験教室、講座等を行っております。地域に密着した歴史や豊かな文化に関する情報発信の場としてだけでなく、それら情報交換の場としてもご利用ください。

所在地

〒270-1616 千葉県印西市岩戸1742

開館 昭和61年10月6日
敷地面積 1,123.95平方メートル
延床面積 822.311平方メートル
構造 鉄筋コンクリート造 平屋建

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

月曜日・祝日(月曜日が祝日の場合は火曜日も休館)・12月28日~1月4日
特別の事情により、教育委員会が必要と認めた日

入館料

無料

交通

北総線印旛日本医大駅または京成電鉄うすい駅より宗像路線バス
岩戸下車徒歩5分


駐車場

30台 *隣接する印西市立宗像小学校との共同利用

主な展示品

  • 民俗資料(印旛沼の漁労具、農具、養蚕、くらしにかかわる道具など)
  • 歴史資料(江戸時代の古文書)
  • 考古資料(大木台2号墳出土埴輪、立田台第2遺跡出土箱式石棺、吉高浅間古墳、萩原長原遺跡、戸ノ内貝塚、石神台貝塚)
  • 地学資料(貝化石)

常設展示風景

常設展示以外にも収蔵品が多数あります。一部を紹介します。

おもちゃ

お知らせ

企画展「古代の印旛沼周辺」を開催します

―「鳥見神社」「宗像神社」「麻賀多神社」について―

開催期間:2月6日(火曜日)から3月4日(日曜日)

開館時間:午前9時から午後5時

休館日:月曜日

入館:無料

場所:印旛歴史民俗資料館学習室

内容:印旛沼周辺には、「鳥見神社」「宗像神社」「麻賀多神社」がそれぞれ分布圏を形成しています。これらの神社について考え、また、それに重なるように分布する古墳と古代豪族との関係についても紹介します。





関連情報

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所教育委員会 教育部教育機関印旛歴史民俗資料館

電話: 0476-99-0002 ファクス: 0476-99-2223

お問い合わせフォーム