ページの先頭です

地域包括ケアシステム

[2017年11月30日]

印西市では超高齢社会に向けて地域で支え合う仕組みづくり”地域包括ケアシステム”の構築を進めます。

印西市の高齢者を取り巻く現状

 印西市の高齢化率は、平成28年9月末時点で20.7%となっています。

 印西市は千葉県内でも浦安市、市川市に次いで3番目に高齢化率が低い市ですが、今後は下表のように高齢化が進んでいき、団塊の世代が75歳を迎える2025年には、印西市の高齢化率も28.6%になると推計されています。これに対し、生産年齢人口は減少すると推計されます。

 高齢者人口と生産年齢人口の割合では、2015年には高齢者1人に対し生産年齢人口が3.2人いたのに対し、2025年には対生産年齢人口は2.1人になり、支援を必要とする高齢者が増える一方で支援する人達は減っていくことが分かります。

高齢者世帯の状況

平成23年度以降の推移を見ても、高齢者一人暮らし世帯や高齢者のみの世帯数も、年々増加していることが分かります。

地域包括ケアシステムとは

 このような背景から、 今後は公的なサービスだけではなく、増加する高齢者の生活を支えるため、現在印西市では「地域で支え合う仕組みづくり=地域包括ケアシステム」の構築を進めています。

 地域包括ケアシステムとは、介護やなんらかの支援を必要とする状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続ける事ができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制のことです。

 今後、高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要となってきます。

 

印西市の目指す姿

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所福祉部高齢者福祉課生きがい支援係

電話: 0476-33-4592 ファクス: 0476-40-3881

お問い合わせフォーム