ページの先頭です

汚水処理施設整備計画(アクションプラン)

[2017年3月30日]

汚水処理施設整備計画(アクションプラン)

汚水処理施設整備計画(アクションプラン)とは

今後10年程度での汚水処理の概成を目標とし、各種汚水処理施設(下水道、合併浄化槽など)の整備手法及び区域などを定めたものです。

 

平成26年1月、国土交通省、農林水産省、環境省の3省が連携して「持続的な汚水処理システム構築に向けた都道府県構想策定マニュアル」が作成されました。

 

ここでは、未整備地区における汚水処理の早期概成(地域のニーズ及び周囲環境への影響を踏まえ、各種汚水処理施設の整備が概ね完了すること)を目指し、その実現のためにアクションプランを策定することとされています。

印西市のアクションプラン

印西市では、中期(目標年次=平成36年)の汚水処理施設整備内容を明らかにするアクションプランとして、低コスト・早期の整備が可能となる整備手法の導入により市街化区域の汚水処理を概成する計画(公共下水道による整備)を策定しました。

計画期間

平成27年度から平成36年度

目標

市街化区域の汚水処理概成

整備手法

公共下水道

低コスト・早期の整備手法

  • 道路線形に合わせた施工
  • 浅層埋設の実施

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所都市建設部下水道課工務管理係

電話: 0476-33-4695 ファクス: 0476-42-0028

お問い合わせフォーム