ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

国民投票制度について

[2015年11月18日]

ID:3172

「憲法改正国民投票法」をご存知ですか。

 日本国憲法第96条では、憲法の改正は、国会で衆参各議院の総議員の3分の2の賛成を経た後、国民投票によって過半数の賛成を必要とすると定められています。

 国民投票とは、私たちが憲法改正に関して最終的な意思決定をするものであり、そのための具体的な手続きを定めた法律が「日本国憲法の改正手続きに関する法律(憲法改正国民投票法)」です。

 憲法改正国民投票法は、平成19年5月14日に成立し(5月18日公布)、平成22年5月18日から施行されました。

 さらに、平成26年6月13日に、「日本国憲法の改正手続きに関する法律の一部を改正する法律」(以下、「改正法」という。)が成立し、6月20日に公布、施行されました。

 改正法の成立に伴い、平成30年6月21日(改正法の施行後4年を経過した日)以後に行われる国民投票の投票権年齢は、満18歳以上となります。

 詳しくは、総務省ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

 

お問い合わせ

印西市役所選挙管理委員会事務局庶務係

電話: 0476-33-4676

ファクス: 0476-42-7242(代表)

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム