ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

移動支援事業について

[2021年4月28日]

ID:12616

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

移動支援事業の内容

障がいによって一人での外出が困難な方が、社会生活上必要不可欠な外出や余暇活動などの外出を円滑にできるよう、ヘルパーが同行して移動を支援するサービスです。

対象者

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持っている方
  • 自立支援(精神通院)受給者証を持っている方
  • 障害福祉サービスを受けている方
  • 難病の指定を受けている方
  • その他、上記と同等と印西市福祉事務所長が認めた者

実施方法

移動支援のサービス提供形態としては、「個別支援型」と「グループ支援型」の2種類の方法があります。
(1) 個別支援型
 1名の利用者に対して、ヘルパーがマンツーマンでの支援を行います。
(2) グループ支援型
 複数の利用者に対して、ヘルパーが同時支援を行います。

外出の範囲

社会生活上、必要不可欠な外出及び余暇活動等の社会参加のための外出。原則として、1日(8時間程度)で用務を終えるもの。

(注意)通勤、通所(障害福祉サービス事業所、障害児通所支援事業所等)、通学、通園、通院 、公序良俗に反する外出など、通年かつ長期にわたる外出等は対象外となります。

利用者負担

移動支援の利用者負担は、障害福祉サービスの利用者負担区分により、市町村民税課税世帯の方はサービス単価の1割負担(上限あり)、市町村民税非課税世帯及び生活保護世帯の方は利用者負担なしになります。

詳しくは、障害福祉サービス及び障害児通所支援の利用者負担(別ウインドウで開く)をご参照ください。

利用までの流れ

1 相談

サービス利用を希望する障がいのある方または障がいのある児童(18歳未満)の保護者は、障がい福祉課または市内相談支援事業者に相談してください。相談支援事業者は、サービス申請前の手続きや支援などを行います。

2 利用申請

利用したいサービスが決まったら、障がい福祉課にサービス利用の申請を行います。障がいのある児童の場合は保護者が手続きをします。

3 利用のための聞取り調査

利用要件を満たしているか、月に何回の利用を希望しているかなど、市の担当者が直接お話を伺います。支給が適切かどうか、審査を行います。

4 支給決定

審査の結果、支給が適切と判断された場合は、決定通知書をご自宅に郵送します。

5 サービス利用開始

サービスを利用する事業者と利用に関する契約を行い、サービス利用開始となります。

移動支援事業を行う事業者

移動支援事業所一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

印西市役所福祉部障がい福祉課給付係

電話: 0476-33-4639

ファクス: 0476-42-0381

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム