ページの先頭です

犬の登録と狂犬病について

[2019年3月11日]

狂犬病とは

 狂犬病は、ウイルスを原因とする動物由来感染症で、犬はもちろん人、ねこ、牛、豚などすべての哺乳類が感染し、人は主に狂犬病を発症した動物にかまれて感染します。発症してからの治療法はなく、100%死亡する恐ろしい病気です。

 狂犬病の発生の無い国は、日本などごく一部の国に限られており、世界中でその発生が見られ、年間5万人以上が死亡しています。(WHO推定)その多くはインド・中国などのアジア地域であり、いつ日本に侵入してきてもおかしくない状況にあります。

 犬を飼う方は、狂犬病を認識し理解のうえ、責任をもって適正に飼ってください。

【参考】千葉県の「狂犬病啓発リーフレット」もご覧ください。

http://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/pet/doubutsu/pamphlet.html

登録と狂犬病予防注射

 生後91日以上の犬には、生涯1回の登録と毎年1回(4月から6月)狂犬病の予防注射を受けさせてください。

 登録時に犬鑑札を交付します。手数料は3,000円です。

 また、窓口で狂犬病予防注射済票の交付を受ける時には、獣医が発行した注射が済んだことの証明書(注射済証)をお持ちください。注射済票交付手数料は550円です。

 犬の首輪に鑑札、狂犬病予防注射済票を付けましょう。

申請場所

  • 印西市役所環境保全課(電話 0476-33-4495)
  • 印旛支所市民サービス課(電話 0476-98-1112)
  • 本埜支所市民サービス課(電話 0476-97-1111)
  • 中央駅前出張所(電話 0476-46-1011)
     ※届出書類の受付のみ行います。
  • 牧の原出張所(電話 0476-47-1111)
     ※届出書類の受付のみ行います。
  • 滝野出張所(電話 0476-80-8181)
     ※届出書類の受付のみ行います。

その他の届出

 次のような場合も市に届出が必要になります。

犬の所在地等の変更

  • 犬の所有者が変わった場合
    新しく所有者になった方が手続きしてください。申請には前の所有者の情報が必要になります。

  • 印西市外から市内に転入した場合
    転入前に登録していた区市町村の鑑札をお持ちになって、手続きしてください。印西市の鑑札を交付します。

  • 印西市内から市外へ転出する場合
    印西市の鑑札をお持ちになって、転出先の区市町村で手続きしてください。印西市での手続きは不要です。

  • 印西市内で転居した場合

 ※市内転居等、市内の変更に限りちば電子申請・届出システムの利用が可能です。

死亡届

 犬が死んだ場合は死亡の届出が必要になります。届出はちば電子申請・届出システムでも可能です。

 

千葉県動物の愛護及び管理に関する条例から

 犬はつないで飼ってください。散歩は犬を制御できる人が短い引綱でおこなってください。

 飼い犬が人をかんでしまった場合には、飼い主は必ず印旛保健所へ届けてください。

飼い主さまへのお願い

  散歩中の糞は飼い主が持ち帰るようにし、公共の場所や他人の土地・建物を汚さないようにしましょう。また、散歩中に排便させるのではなく、自宅でさせるようにしつけをしましょう。

リンク

問い合わせ先

「登録、注射、各種届出、迷子」
 印西市役所環境保全課 電話 0476-33-4495

「犬全般」
 印旛保健所 電話 043-483-1137

「迷子、しつけ方、里親等」
 千葉県動物愛護センタ-(富里市) 電話 0476-93-5711
 千葉県動物愛護センタ-(柏市) 電話 04-7191-0050

「しつけ方、飼育、里親等」
 (財)千葉県動物保護管理協会 電話 043-214-7814

ご意見をお聞かせください

このページの内容は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

印西市役所環境経済部環境保全課指導係

電話: 0476-33-4495 ファクス: 0476-42-5339

お問い合わせフォーム


犬の登録と狂犬病についてへの別ルート