ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

献血

[2021年9月14日]

ID:1425

献血への取り組み

 市では、増大する血液需要に対し、安定供給と国内需給体制の確立を図るため、献血の実施およびPR活動を行っています。

令和3年度の献血予定

令和3年5月21日(金曜日)

・会場
市役所正面ロータリー

・受付時間
午前10時00分~午前11時45分
午後1時00分~午後4時00分

9月10日(金曜日)

・会場
市役所正面ロータリー

・受付時間
午前10時00分~午前11時45分
午後1時00分~午後4時00分

令和4年1月31日(月曜日)

・会場
市役所101会議室

・受付時間
午前10時00分~午前11時45分
午後1時00分~午後4時00分

献血方法別の採血基準

血漿成分献血

  • 1回採血量
     300ミリリットル~600ミリリットル(体重別)
  • 年齢
     18歳~69歳
  • 体重
     男性45キログラム以上
     女性40キログラム以上
  • 年間採血回数
     血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内
  • 年間総献血量
     ―

血小板成分献血

  • 1回採血量
     400ミリリットル以下
  • 年齢
     男性18歳~69歳
     女性18歳~54歳
  • 体重
     男性45キログラム以上
     女性40キログラム以上
  • 年間採血回数
     血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内
  • 年間総献血量
     ―

200ミリリットル献血

  • 1回採血量
     200ミリリットル
  • 年齢
     16歳~69歳
  • 体重
     男性45キログラム以上
     女性40キログラム以上
  • 年間採血回数
     男性6回以内
     女性4回以内
  • 年間総献血量
     200ミリリットル献血と400ミリリットル献血を合わせて
     男性1,200ミリリットル以内
     女性800ミリリットル以内

400ミリリットル献血

  • 1回採血量
     400ミリリットル
  • 年齢
     男性17歳~69歳
     女性18歳~69歳
  • 体重
     男女とも50キログラム以上
  • 年間採血回数
     男性3回以内
     女性2回以内
  • 年間総献血量
     200ミリリットル献血と400ミリリットル献血を合わせて
     男性1,200ミリリットル以内
     女性800ミリリットル以内


(注意)65歳以上の献血については、献血される人の健康を考え、60~64歳のあいだに献血経験がある人に限ります。

献血できない人

  • 3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた方
  • 4週間以内に海外から帰国(入国)した方
  • 6ヶ月以内にピアスの穴をあけた方
  • 輸血(自己輸血を除く)や臓器の移植を受けた方

献血の手順

  1. 献血受付・タッチパネルでの問診回答
  2. 各種検査、血液型判定(問診、血液測定、血液型、比重)
  3. 採血
  4. 休憩、献血カード受け取り

平成22年1月27日より、英国滞在歴に関する献血制限が緩和されました。

 英国滞在歴に関する献血制限は、これまで、輸血による変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の感染を防ぐために、予防的な観点に立った暫定的な措置として実施しています。

 平成17年2月に国内で初めて変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の患者が確認されたことを受けて、同年6月1日より、1980年から1996年の間に英国に1日(1泊)以上滞在された方からの献血はご遠慮いただいておりました。

 この度、平成21年12月10日に行われました薬事・食品衛生審議会血液事業部会運営委員会において改めて輸血用血液製剤の安全性や安定供給等に及ぼす影響について検討された結果、1980年から1996年の英国滞在歴の献血制限を「1日以上」(1泊以上)から「通算1か月以上」(31日以上)に緩和することが決定されました。  

このことにより、通算30日以下の英国滞在歴の方であれば、献血にご協力いただくことが可能となりました。

英国滞在歴に関する献血制限

以下に該当する方は、これまでどおり献血にご協力いただくことができません。

(1)英国に1980年(昭和55年)から1996年(平成8年)までに通算1か月(31日)以上の滞在歴のある方。
(2)英国に1997年(平成9年)から2004年(平成16年)までに通算6か月以上の滞在歴のある方。

(注意)(2)の滞在歴には(1)の滞在歴を加算する。(例:1980年から1996年の間に通算20日間の滞在歴があり、1997年から2004年までの間に通算5か月と20日間の滞在歴のある方は合計の通算滞在歴が6か月以上となり献血いただくことが出来ません。)

2009年3月より、採血後の血液検査項目に糖尿病関連検査が追加になりました!

 糖尿病は、初期段階では自覚症状がない場合が多いため、気づかずに放置されたまま糖尿病が悪化した場合、神経障害や網膜症等の合併症を引き起こすこともあります。 糖尿病の予防には、血糖値を定期的に検査することが大切です。献血に協力することで、ご自身の体調管理にも役立てることができます。

献血に関するリンク

  • 日本赤十字社

    http://www.jrc.or.jp/

  • 千葉県赤十字血液センター

    https://www.bs.jrc.or.jp/ktks/chiba/index.html

お問い合わせ

印西市役所健康子ども部健康増進課庶務係

電話: 0476-42-5595(中央保健センター内)

ファクス: 0476-42-5514

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム