ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

雑がみのリサイクルについて

[2020年2月5日]

ID:10261

雑がみとは

 「雑がみ」とは新聞、紙パック、ダンボール、雑誌以外のリサイクルができる紙のことです。(例.チラシ、カタログ、ポスター、台紙など)

 「雑がみ」は、ひもで縛るか、紙袋に入れて資源物の日に出してください。また紙切れは、不要になった封筒などに入れて飛散しないようにしてください。

 ※汚れた紙、においのついた紙、ラミネート加工等を施している紙は燃やすごみとして捨ててください。

 ※雨の日は出さないでください。

 ・紙類全般の出し方については、紙類の出し方のページをご覧ください。

雑がみリサイクル袋を作ってみましょう。

 雑がみを入れるための紙袋は、新聞紙といった家庭にあるものを使って作成することもできます。

 雑がみはしっかりと分別することで、資源としてリサイクルすることができますので、燃やすごみの減量および再生可能な紙類の資源化のため、「雑がみリサイクル袋」を作ってみませんか。


雑がみリサイクル袋の作り方

「雑がみリサイクル袋」を配布しています。

  市では、千葉県立湖北特別支援学校の協力を得て、生徒が作成した「雑がみリサイクル袋」を配布しています。

  千葉県立湖北特別支援学校の様子

配布場所

  • 印西市役所1階ロビー (大森2364-2)

お問い合わせ

印西市役所環境経済部クリーン推進課推進係

電話: 0476-33-4504

ファクス: 0476-42-7242

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム